森部昌広 ピッチングスピードアッププログラム

「ピッチングスピードアッププログラム」森部昌広氏の経歴

「ピッチングスピードアッププログラム」の製作者である森部昌広氏は九州共立大の特別客員准教授として教鞭を執り、スポーツビジネスコースで授業を行うとともに、プロフェッショナルコンディショニングコーチとしてスポーツトレーニングに関する指導を行っています。

 

森部昌広氏がこれまで指導したスポーツジャンルは非常に多岐に渡ります。

 

指導実績例)

  • プロ野球福岡ソフトバンクホークス(ピッチャー)
  • 2008年北京オリンピック ヨット49erクラス日本代表
  • ラグビートップリーグ 東芝府中 富岡鉄平選手 ほか

 

森部昌広氏が製作している「ピッチングスピードアッププログラム」には小学生からプロ野球選手まで、幅広い実践者がおり、商品の紹介ページには実践者のコメントが多数掲載されています。

 

 

一方で、森部昌広氏は株式会社オールの代表も務めており、同社ではトレーニングジムの運営や、契約チーム・選手へのトレーニング指導を行っているようです。

 

 

また、一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会を立ち上げ、認定コンディショニングコーチの育成も行っているようです。

 

一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会が認定する資格には、フィジカルトレーニングコーチ(PTC)、ボディメンテナンストレーナー(BMT)、リンパケアトレーナー(LCT)、メンタルトレーニングアドバイザー(MTA)があります。協会は認定資格の基準作成を行うと共に、カリキュラムの作成や実技指導・認定講座も行っているようです。


このページの先頭へ戻る