森部昌広 ピッチングスピードアッププログラム

ピッチング力向上の秘訣

 私は小学1年生のときから野球をしていて、ポジションは全部したことがあります。特に楽しかったのはピッチャーです。なんといっても野球はピッチャーがボールを投げなければ、始まらないからです。

 

 私は中学生のとき硬式のクラブチームのエースで、ピッチングの練習をとにかくたくさんしましたが、そのときに一番大切にしていたのは、コントロールです。確かに、速い球やキレのある変化球はすごく華やかで魅力的ですが、ストライクが入らなければ、試合にならないのです。なので私はピッチング練習をするときには、ど真ん中にひたすら投げる練習をしていました。ど真ん中になげれるようになると、バッターがバッターボックスに立ったときでも、冷静にピッチングすることができると思います。

 

 逆に変化球のピッチング練習では、コントロールは気にせずに投げるという練習をしていました。これは、コントロールを気にしてしまうとどうしても、変化球のかかりが悪くなるからです。ときには大暴投になることもありましたが、そうした練習のおかげで、私は5つもの変化球を操ることができるようになりました。

 

 最後にピッチングで最も大切なのは、楽しむことだと思います。野球はとても楽しいと感じながら練習することがピッチング力向上には大切です。


このページの先頭へ戻る