森部昌広 ピッチングスピードアッププログラム

速球

 野球をしているほとんどの人は、一度はピッチャーをしてみたいと思ったことがあると思います。そして、そのピッチャーでも速球を投げるピッチャーに憧れるんではないでしょうか。160キロ以上の速球を投げるメジャーのピッチャーというのは本当にかっこ良く見えるものです。人間が160キロのボールを投げるというのは凄いことだと思います。

 

 最近では、高校野球でも150キロを超える速球を投げるピッチャーが出てきましたが、彼らはどんなトレーニングしてるのか気になったことはありませんか。私は、高校野球に関わっている人に聞いたことがあります。

 

 そして、その答えは速球を投げるためのトレーニングは「走り込み」と体幹(腹筋や背筋)トレーニングでした。そして、小さいころの環境というのも大きいそうです。やはり、小さい頃から運動をよくしていた子は筋肉のつき方が違ってくるそうです。なので、どんなスポーツでもいいので、子どもの頃からよく運動をさせることが将来、160キロを投げるピッチャーを育てる秘訣なのかもしれません。

 

 いま日本で頑張っている野球少年の中から165キロを投げる伝説のピッチャーが誕生してほしいものです。期待しています!


このページの先頭へ戻る