森部昌広 ピッチングスピードアッププログラム

プロ野球のピッチャーの特徴について

プロ野球を観戦していると、ピッチングについてなんであんなに速く投げることができるのだろうと疑問に思う事が多々ある。
また、球速が遅くてもうまく打ち取るピッチングをしている投手もいると思う。

 

でも、プロ野球の世界だとコントロールが重要だなとはつくづく感じている。大リーグはストライクゾーンが外角が甘めだが、
国内は違う。

 

また、最近のルーキーのピッチャーは球速が140キロ位はだしていて速い投手だと150キロも出すピッチャーもいる。

 

そういう意味だと最近の投手は球速が速くなっていると思う。

 

しかし、やはり観戦しててずっと抑えられているという状況はあまり面白くない。なので、ホームランがある程度出ると試合展開上は
盛り上がると思う。

 

私も、小さいころは野球を少しやっていたが投げるたびに腕が疲労していくのがきつくてほとんどやらなかった。
でも、野球の面白さというのはまるで自分が投げているかのように陶酔して観戦していると時間を忘れたように観戦すること
ができると思う。

 

なので、観戦するときは自分が投げていて、この後はどうなるのか、ここで自分だったら代打を出すなあ、という風に試行錯誤して
監督になった気分で観戦してみると面白いかもしれない。


このページの先頭へ戻る