森部昌広 ピッチングスピードアッププログラム

速い球を投げるにはどうすればよいのか

速い球を投げるためにはいかにボールに力を伝えるかが何より重要になってきます。ですが、ただ単に腕を思いっきり振ったとしても速い球は投げられません。むしろそのような投げ方でピッチングを行っているとひじや肩に大きな負担がかかってしまうので、野球ひじになってしまったり、肩を痛めることになってしまいます。

 

ではそのようなことにならずに速い球を投げるにはどうすればいいのでしょうか。

 

腰の回転で球に力を伝えるような投球フォームでピッチングを行えばひじや肩を痛めずに、なおかつただ単に思いっきり腕を振った時よりも速い球を投げることができるようになります。

 

腕を思いっきり振った場合、ボールに伝わる力は当然腕の振りによるものだけです。

 

しかし腰の回転でボールに力を伝えるような投球フォームならば腰の回転による遠心力が腕の振りによる力に加えてボールに伝わるので、より速い球を投げることができるようになるのです。

 

さらにこの投球フォームならば無理に腕に力を入れなくても勝手に腕が振れるのでひじや肩に負担をかけることはありません。なのでひじや肩を痛めるリスクを最小限に抑えることができます。

 

もちろんこのような投球フォームは一朝一夕で身につけることはできません。なので速い球を投げるためには日々の練習が最も重要になってきます。


このページの先頭へ戻る